記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験の2016年

今年は、初めて雑誌デビューをさせていただきました。
不思議な体験といいますか、なんとも言えない感覚です。プレゼンとはちょっと違うような感覚を覚えました。
そんな2016年。
雑誌に取り上げられたということもあり、すこしその内容に触れたいと思います。

大納会も終わり、東芝の、、なんといいますか、、社員の方々からも話を聞くことができ、かわいそうだなと感じてしまいました。

さて、雑誌で触れた

マタフ(https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index)

あくまで気休めみたいなツールですが、その中身はちょっとした思いつきで、初心者にありがちな、通貨選択とポジ構築を助けてくれます。

私がFXをする上で、1番大事だと思うことは、

考えることを決してやめないということ

考えることを辞めたらサルと変わらない
せっかく人間なのだからその知恵絞ってやれるとこまでとことんやってみる
思考停止はサル

だからこそ通貨選択を間違えることのないような、なにか、ドラエもんが欲しかったところです。

通貨選択を間違えるとは、いったいどのようなケースを指すのか

これは体験した人が多いと思います。
A男「よしゃ!ドル円Lいっとこ」
〜3時間後〜
A男「うわぁ、ユロ円だったかぁぁぁぁ、、」

このようなケース、誰しもがあると思います。
これが減らせるならどーしたらいいのか

答えは単純で、
円が売られてる ユーロが買われている
のがわかればいい
だからこそ、マタフのような強弱を教えてくれるのがありがたみ
ということなんです。

買われているなら
プラス域に
売られているなら
マイナス域に

(ごめんなさい。画像載せるのはめんどくさいので、見てみてください。)

それ見れば、その日の通貨動向、その週の通貨動向がわかるんですよね。

そして、その次に、なぜこのように動いたのか、それを考えることに繋げていくことが大事です。
例えば、
最近のドル高、利回りすげー トランプさん期待なのね
そんな単純でも構わないと思います

そして、最大効率と表現される方も多いですが、私はどちらかというと、1番動いている通貨を選択することはリスクを減らすことに1番繋がると考えています。
ユーロが買われて 円が売られているなら
誰も、ユーロ/円をS適当な場所で入らないでしょう、、

簡単ですが、強弱についてはこのぐらい

A→B
という発想がとても大事ということ
それなら納得する人が多いはず

A男「あーWトップだから下がったのね」
B子「Wトップだから下がる理由って?」
A男「...えっと..」
の人が多いはず


駄文に付き合ってくださいまして
ありがとうございました。
よいおとしをー(゚ω゚)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。